なにメモ

コンピュータビジョンや機械学習関係の話題を書き綴ると思うブログです。

NTT研を辞めて転職D進した話

D進するために5年間勤めたNTT研を辞めて転職した。なんでNTT研を辞めてまでD進(博士課程後期進学の略)するというクレイジーなことをしたのか、今もわからないところがあるが、わからないところが多いので、忘備録ついでに書いていこうと思う。

なお、本エントリは「社会人学生 Advent Calendar 2020」3日目の記事である。

 

純粋なD進を諦めるまでの経緯

遡ること中学3年生。わいは自分を知るために人工知能が専門の研究者になるんや!ついでに教員にもなるんや!と意気込んで高専に入学。以後、画像認識の研究を卒論としてやり、大学に編入。画像認識の研究室に入ったあと、大学教員の免許みたいなものである博士号を取るために、わいはD進するんやと博士課程の人たちに相談した。相談したところ、D3の人たちからやめた方がいいって、やめた方がいいってという言葉が絶えない。話を聞くと、大学への就職先が少なく、たとえ雇われても任期付き雇用、民間への就職が難しく、修士で就職した方がいいということだった。そうしてあっさり普通にD進するのを諦めてしまった。

 

社会人博士に切り替えるまでの話

実はあっさり諦めたのは他にも理由があった。それは社会人博士を高専の先生から勧められていたからであり、社会人が大学教員として戻ってきた実例をいくつか見てきたからである。たしかに博士から大学へ安定したポジションに就職するのは茨の道である。しかし、そもそも正社員として働きながら社会人博士として研究すれば安定性を保証されているし、ワンチャン大学へ転職することもできる。(ただ、さらなる茨の道であることは確かだが。) 大学教員の道が叶わなくとも普通の会社員として働くこともできる。私は開発スキルは人よりある方だと思っているので、研究ではなく開発にスタンスを移せば食いっぱぐれることは無くなるだろうとたかを括っていた。そういうわけで社会人博士を選んだわけである。

 

社会人博士しやすい会社探しの話

社会人博士にすると決まれば、社会人博士になりやすそうな会社探しを始めるべきだろうと考えた。当時は視野が狭かったので、とにかく周りを見渡して元社会人の大学教員を探したのである。そこで見つけたのが、我が恩師である大学の指導教員である。恩師がかつて務めていた会社はNTT研であり、NTT研ならば社会人博士どころか大学教員としてワンチャン戻れるということもわかってきた。こうしてNTT研にいくことに決めたのである。

 

NTT研に入るためにしたこと

NTT研に入るには相当厳しいそうであることはインターネッツの情報をかき集めるとわかってきた。調べた限り、まずは今の学歴が足りなさそうであることがわかってくる。とりあえず、東大院卒であれば学歴にこまらなさそうなのでそこは欲しいとなる。自分の興味のある分野の研究室を東大の中から探し出し、アポを取ったり、院試を受けたりして、東大の情報理工へ入学することはできた。次に(NTT研は知らないけど)インターンシップは青田買いの一種であることは高専時代のインターンシップで別の会社から教えられていたため、インターンシップの窓口を探した。探した結果として、先生と研究室OB経由でインターンシップを紹介してもらえた。こうしてインターンシップなどのいろいろイベントに出ていたら、NTT研から内定が出た。

 

D進におけるNTT研での戦い

さて、ここからが本題となる。そもそも働きながら研究するということがどれだけ辛いことなのかを理解していなかったことに気づいた。なぜならば、仕事というものは「他人がやって欲しいことを他人の代わりにやることで賃金を得ること」であり、研究とは「自分の興味のあることを研き究めること」である。ぶっちゃけていえば、この2つは特に関係がない。このため、仕事と研究を両立させてタイムマネジメントや心身のマネジメントをする必要がある。この点に注意しながら、5年間にわたるNTT研における私のD進チャレンジについて語ろう。

 

まず、1年目のD進チャレンジである。手元には主著のジャーナルは一本もない。またその元となる国際会議の予稿集すらなかった。仕事内容はスポーツを教えるロボットという画像認識とは全く関係のない内容である。また、偉いさんの案件ということもあり、なるべく成功させないといけない。仕事も慣れていない。当然D進する余裕は心身時間ともになかった。それでも院試説明会ぐらいはいった気がする。

2年目のD進チャレンジである。今度の仕事はスポーツを教えるロボットからスポーツの研究にソフトランディングさせる大人な仕事をやることにした。どんどん忙しくなるため、やはり余裕はなかった。特に興味のないスポーツの研究をさせられて、有名な国際会議に自部署で唯一通した割に評価も理不尽に低かったため心はすり減ってしまった。そんなときにD進する気力もなかった。

3年目のD進チャレンジである。課長が俺を見ていてあまりに不憫に思ったのか、また新しい上司が偉いさんに取り計らってくれたのか、研究テーマをスポーツからインタラクティブデジタルサイネージの開発に切り替えてもらえた。やっと興味のある仕事ができると意気揚々としていて、この研究テーマならばD進できなくはないと大学院の指導教官に直接会いに行って調整を始めた。しかし、問題は質ではなかった。量が問題だった。はっきり言おう、この開発はデスマーチだった。ろくな研究などできなかった。

4年目のD進チャレンジである。これまでの仕事により心身がボロボロになったため、もはや仕事しながら研究することは難しい状態となった。しかし、なんだかんだで世の中裏技はあるものである。共同研究という枠組みで仕事=大学の研究にしてしまえば、仕事と研究を両立することが可能なのである。そこで、共同研究を企画して上司に持ち込んだ。だが、心身がボロボロなので途中で倒れた場合、責任が取りきれないだろうという理由で却下された。ただ、ボロボロな心身を癒すという理由で会社内であれば自由に研究しても良いとなった。そこで部署のミッションに従い、研究テーマを自分で立ててやらせてもらっていた。研究テーマは空気を読むロボットである。ていうか、本来これ1年目にやらせてもらえるはずの話なのにな(怒)

5年目のD進チャレンジである。この時は研究に忙しく、D進する前にまず論文を出しておこうかというところで様子見していたところがある。ところでNTT研では3年目から徐々に昇進のための出向話が出てくる。3年目までは研究させてあげるけど、この期間で研究に向いてなさそうと周りが判断するのならマネージャーをやってくれ、という研究者としての半ば戦力外通告である。とはいえ、エリートコースであることには違いない。出向して昇進してしまうとマネジメントで忙しくなり、D進をする余裕などなくなる。マネージャーとして昇進するか、D進を含めた研究を続けるかそういう分岐点となってきていた。そんなことを頭によぎらせていると、いろんな噂が飛び込んできた。NTTのことなので、そういう噂を耳に挟みながら身を処していけなければ生きていけない。ただ、耳を疑う噂が断片的に入ってきた。情報を総合すると自部署が解体されるということである。このままではD進も研究も危ぶまれる。そんな矢先、部長から突然飲み会に誘われた。NTTにいればわかるが、こういう飲み会は今後の人生を大きく左右するタイプのものなので「必ず」出ないといけない。そして、案の定今後の仕事に関するオフレコの決断を強いられる感じの飲み会だった。そこで、研究を続けるのならD進しないともういけないし、そうでないのならば諦めるべきだとのアドバイスを軽くもらった。もちろんそれは部長自身の人生を振り返っての言葉だと思われる。これが私の中でD進のために、研究を続けるために転職を覚悟し始めたきっかけのように思えた。

 

サイバーエージェントに転職する話

そんな中で舞い込んできたのがサイバーエージェントへの転職話であった。お誘いがあったサイバーエージェントのチームでは石黒先生の研究室を間借りして共同研究するという異質なスタイルをとっていた。石黒先生とは「人間とは何か」を研究テーマとしている人間型ロボットの世界的権威である先生である。共同研究はすでに立ち上げてから2年程度経っていたが、また4年間研究契約を追加延長すると聞いた。この期間があればD進しても十分な期間が確保できると判断できた。仕事をしながらD進しても良いか採用責任者に尋ねたところ、OKがもらえた。D進するならばこれが最後のチャンスであるということを確信した。

私は採用試験を受け、内定をもらい、半年ほど転職する際のリスクを収入面や心身面などを整理してリスクマネジメントの観点からじっくり考えたり相談させてもらった。(余談だが、この間、GAFAのうち2社から誘われていた。)

その間にもNTT研からカウンターオファーが提示されるかと思ったが、無理っぽそうだった。(一応、特別研究員の話もでたがたぶん業績的に当時は無理だと思われる。)

退職する最後まで転職するか否か半ば錯乱しつつあったが、リスクマネジメントできるという結論から転職することとなった。

 

サイバーエージェントに入ってからD進するまでの話

そういうわけでサイバーエージェントにはD進という面「も」期待して入社することになったのである。(もちろんそれだけではない。) 最初の夏は仕事でバタバタしていたため、流石に夏入試を受けることはできなかった。ただ、無事冬入試を受けることができて、この春社会人博士課程として入学することができた。かれこれ6年越しの入学である。こうして転職D進に無事成功したこととなった。ただ、転職D進すれば人生薔薇色かというとそんなわけがないのである。

 

博士号は足の裏の米粒

NTT研の上司から言われていたが、博士号は足の裏の米粒であるという。取らないと気になるけど、とっても食えない。博士号ばかりに気を取られていては仕方がないのである。これから、たとえば大学教員を目指すにはジャーナルを死ぬほど量産する必要がある。また量産したとしても枠が開くタイミングもある。人脈も必要である。はっきり言って、この転職D進はリスクマネジメントしたところで、いきあたりばったりである。その後のことを考えていたとしても、うまくいくとは限らない、いやうまくいかない可能性の方が高いのである。そう思いながら、NTT研を辞めるとかなんてクレイジーなことをしたんだろうかと日々後悔するばかりである。これが若気の至りというやつなのだろうか。

 

まとめ

以上が、NTT研を辞めて転職D進した経緯である。今振り返ってもクレイジーなことをしていると思うし、理想を追いかけるクレイジーであると思う。往々にして学生までは理想通りに行っても社会に出ると思い通りには物事は進んでいかない。社会で行動するには何かしらの犠牲を伴わなければならないときもある。その中でどのように生きていきたいか、どのように死んでいくのかは個人の自由だ。エリートとして出世していくのか、自分のやりたいことを地味にやっていくのかどちらに価値があるのかは個人の価値観と言える。だから、どのように生きたいのかを考えて自分の心に従って生きていけば良いのではないだろうか。

 

キャリアパスについて読者の一助になれば幸いである。

 

強化学習若手の会を作った話

勢い余って強化学習若手の会を勝手に作りました。

強化学習若手の会ホームページ

 

忘備録ついでにその背景を書き連ねます。まぁ、本当は(強化学習若手の会ホームページの)ページランクを上げるために書いているところあったりしますが。

 

背景

とりとめもなく、Twitterを眺めていたら、

というツイートを見つけて、「強化学習若手の会」ってないんだという気持ちになりました。じゃあ、もし作ったら需要が微妙にあるんじゃないかという思いになったので、

とつぶやいたところ、

とのアドバイスをGokitaさん(この本を書いた方)から頂いたので、

ということで作ってみました。で、結果、150人ぐらい集まって、大変なことになったという気持ちになっています。とりあえず、運営がんばります。なお、強化学習苦手の会は、

という形で生まれたので、強化学習苦手の会の方もよろしくおねがいします。

あと、スポンサー募集中です。(今のところはサイバーエージェントだけなので・・・)

 

JTC ( ジャパニーズトラディショナルカンパニー ) とは

f:id:alfredplpl:20190820015514j:plain

TL; DR

  • JTCとは「伝統的な日本の大企業」のこと[1]である
  • 伝統的な日本の大企業が持つダメなところをからかう意味で使われる言葉である
  • JTCという言葉が使われる背景として、それらの企業がいい加減ダメなところを改善してほしいという本音があるからだと思われる

はじめに

なぜこんな言葉を調べようと思ったのか! 早く帰るんだ! さもなくば、社会のレールからはみでようとしてしまうぞ!

概要

JTCとは Japanese Traditional Big Company の略称、つまり、「伝統的な日本の大企業」である。 具体的な企業の例はNこの項目は検閲されましたなどがある。 用例としては、

studio-graph.hateblo.jp

とか

とかある。

伝統的な日本の大企業は、この日本を昔から支えてきたこともあり、 部外者から見るとKAIZENを始めとした生産性を重視するイメージを持たれることが多い。

しかし、伝統的な日本の大企業には積もり積もった何かしらがある。 伝統を知らない新人がそれらを見ると

(大企業ってなんて無駄非生産的なことをしているんだ・・・)

辟易感動する。 なお、実は新人でなくとも、若手からおっさん、果ては経営層まで

(なんてクソ非生産的なことをしなきゃならないんだ・・・)

と思っているものの、しがらみ不思議な力で解決しづらいらしい。

大半の人は不思議な力が嫌になっても転職するほどのことでもないため、 JTCに残り続ける。 ただし、そういう人は自分の会社のことをJTCとぼかしてよび、 TwitterなどにJTCに対する愚痴をさらけ出している。 不思議な力が本当にいやになった人は、そんな力が少ない外資系やベンチャーに転職していく。 したがって、JTCのことを喋っているほとんどの人はJTCに勤めている人か、JTCにかつて勤めていた人である。

最近では、有名な大企業へ容易に就職できそうな新卒すらもベンチャーに行く人は多くなったらしい。 有名な大企業に行かなくなったのはJTCの情報を仕入れすぎたからなのだろうか・・・。

さて、以下、細かい所について説明する。

JTCの非生産的なところ(とつっこみ)

以下の非生産なところは、すべての大企業に通じるわけではない。 各大企業の一側面を切り取ったものである。 なお、企業が特定されないために、あえて引用は避けている。

  • メールが香ばしい
    • 暗号化したファイルを添付したメールを送ったあと、パスワードを別のメールで送る
      • セキュリティのためや誤送信防止のためと言われている。が、どちらも効果がない。手間がかかるだけ。
    • 件名が意味不明。例えば、昨日はありがとうございましたという件名のメールはお礼が目的かと思いきや、資料の請求だったとかある。
    • メールを最後まで読まないと用件がわからない。
      • 一般的に管理職はメールを30秒しか読む時間がないと言われている。そのため、本文は結論から先に書くべき。
  • 仕事用パソコンのメモリが極端にすくない
    • メモリが少ないと処理速度が遅くなり、パソコンを待たないといけない。なお、待つための人件費よりメモリの値段のほうが安い。
    • 事務用は16GB、開発用は32GB、研究用は64GBでパソコンをまたなくてよくなるとされる
    • 「3GBが4GBになった!」と喜ぶこの項目は検閲されましたータの社員もいた。
  • パワポにありったけの情報を詰め込む
    • プレゼンと配布資料を同時に作るためらしい。先述の実験結果からも分かる通り、ステークホルダーの理解を促すためにも分けて作成するべきである。
  • Excelファイルによる申請ファイルが入力しづらい
    • ネ申エクセル
    • もう情報集めるだけなら Excelファイルでなく、Webフォームで良くないですかね。
  • 社内システムが効率的でない
    • 「1万円の物品を購入するための社内システムを理解するのに1日かかる」
  • 稟議や決裁を紙で行う
    • 決裁権者が出張していると、わざわざ自分も出張しないといけない
      • 今どき電子決裁で良いのでは
  • 仕事に必要なウェブサイトや外部サービスにアクセスできない
    • ソフトウェア開発にGithubが使えないとかざら
  • スクショエビデンス
  • ソリティアやっているおじさんのほうが給料が高い
    • 都市伝説によると2000万円の給料をもらっていることもあるらしく、その場合、「Windows 2000」という称号が影で与えられる。
  • 言葉でいうとややこしいことに電話を使う
    • ややこしいことは形に残るメールにしてほしい
      • まれに証拠を残したくないという理由で電話を使う人もいる。せっかくなので録音しておいてあげてほしい。
  • メールが本当に香ばしい
    • 短い返答に長いテンプレートを打たないといけない。例えば賛成だと意思表示するためには以下の通りのメールを打つ必要がある。
      • SlackやLINEなどのツールで良いし、Slackなら 👌などのリアクション、LINEならスタンプで済む
SS担当
XX様 

お世話になっております。
TT課のYYです。

本件承知しました。

以上です。
よろしくおねがいします。

JTCの表記ゆれ

JTCには、

  • Japanese Traditional Big Company [1]
  • Japanese Traditional Big Old Company [2]
  • ジャパニーズトラディショナルカンパニー [3]
  • ジャパニーズ・トラディショナル・ビック・カンパニー [4]

などの表記ゆれがある。 なお、Japanese Traditional Companyとは 呼ばれない。 この呼び名では、日本の伝統的な企業のこと、 例えば工芸美術などを含んでしまうためである。 一方で、JTBCとは略されない。他のものとかぶるから[5]というのも理由だろう。

この中で、筆者はJTCと使うことをおすすめしたい。 なぜならば、三文字の略称が大好きだからである。 JTBCという四文字の略称を許せないのである。

まとめ

本記事ではJTCの意味を紹介し、 JTCについて深く検討を行った。 JTCの今後の課題については、ダメなところを根本的に解決するために、 国が解雇規制を見直すことと、解雇されても十分な社会保障を受けられるようになること、 これらを同時に国が進めることだと考えられる。

不思議な力についてのキーワード集

参考文献

[1] https://scrapbox.io/sudow/Japanese_Traditional_Big_Company

[2] https://twitter.com/izm/status/1135113021452251137

[3] https://twitter.com/nmygle/status/1112221821028323328

[4] https://www.kagemiku.com/blog/archives/650

[5] https://ja.wikipedia.org/wiki/JTBC

デレステをiPhoneとBluetoothイヤホンとで音ズレなく遊ぶ方法

f:id:alfredplpl:20181007152555j:plain

TL;DR (要約)

はじめに

みなさんはiPhoneを使っていますか? 林檎信者であればもちろん、一般の方も使われると思います。

iPhoneはもともとはiPodの延長上で音楽を聞ける携帯電話として、発展してきた経緯があります。 そんなiPhoneでは、最近、イヤホンジャックをなくし、無線イヤホン(AirPod)などで音楽を聞くスタイルを提案しております。

しかし、このスタイル、音楽を聞く際にはそんなに問題になりませんが、 音楽を楽しむゲーム、いわゆる、音ゲーでは深刻な問題が発生します。

その問題とは、

「ボタンを押してから音が聞こえるまでにズレが生じるという問題」

です。せっかくなので、この問題を往年の漫才師をパクって、

いっこく堂問題」

と呼ぶことにします。

本記事では、このいっこく堂問題の原因を説明し、 その解決策と効果について考察していきます。 結構長くなるので、「そんなもの読んでられないよ」、 という読者の方は最初のTL;DRに従って問題を解決してください。

それでは問題について分析していきましょう。

続きを読む

いきなりデート大作戦

f:id:alfredplpl:20170918094948p:plain

こんにちは、アルフ・プラプラです。
 
ところで、みなさんは異性と同じ机にいきなり座り、たった1時間半の食事で相手の心を掴もうとしたことはありますか?
 
僕はあります。
そのきっかけを与えてくれたサービスの名は、いきなりデートです。
口下手な僕が◯アーズとか使うと、口説く能力で弾かれたり、それ以前の問題で弾かれたり、してデートまでこぎつけることが出来ませんでした。
 
しかし、 このサービスでは本当にいきなり食事デートから開始します。
ここまでぶっとんだサービスは初めて見たので、
衝動的に3回分申し込みました。
 f:id:alfredplpl:20170918094948p:plainf:id:alfredplpl:20170918094948p:plain f:id:alfredplpl:20170918094948p:plain
(大切なことなので3回貼りました)
 
さて、今回、この3回分の体験をデート相手が特定されない程度に公開します。
なぜそんな個人的なことを公開できるかというと、
・・・あとのお楽しみです。
 
さあ、いきなりデートするシュールな世界に飛び込みましょう。
 
  • はじめに
  • デート体験1人目
  • デート体験2人目
  • デート体験3人目
  • 感想
  • サービスに対する考察
  • 宣伝

 

続きを読む

ヒアリ判定判定サービスの提供開始

f:id:alfredplpl:20170714234847j:image

昨今話題になっているヒアリの上陸ですが、そもそもそこらへんのアリが、ヒアリかただのアリなのかわかりません。そこでスマホで撮った写真を投稿するだけで判定してくれるサイトをちょっくら作りました。

http://alfredplpl.softether.net/

 

金曜日に思いついて日曜日の昼にできたにしてはまぁまぁな精度だとおもいます。(バリデーションセットでは90%)

技術的なことは大したことはしてないので、ふーんとなるレベルですが、需要があれば書きます。画像認識サービスを個人で提供するめんどくささとかがわかります。

 

Intel Euclidのリカバリ方法

Qiitaに書いた記事へのリンクをこっちにも貼っておきます。

 

・この記事を読んでわかること
Intel Euclid Development Kitの工場出荷状態(?)に戻す方法。

 

http://qiita.com/alfredplpl/items/fb841e1740f0512bacdf